エレクトーン 宅配 初期費用

引越しの初期費用

引越し 初期費用

 

引越しをするには結構な金額の初期費用ががかかります。
特に金額に大きくなるものは、引越し代と物件の契約料だと思われます。

 

マンションやアパートなどの賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用の詳細がわかりにくいと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金というのは物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で、入居の時に貸主や管理会社に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されることもあります。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件も増えつつあります。
なぜなら部屋を探している人の初期費用を減らし、少しでも入ってもらえるようにという貸主の意向なのです。

 

さらに2か月分、3か月分の家賃を先払いを求められる場合も。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、貯金があってちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。

 

逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料です。ぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。
このように考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で金額が決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前であれば賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。家賃の支払いが滞った場合に変わりに支払ってもらうためです。

 

しかし最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えましたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると隣近所まで燃え移る可能性が高いです。
ですから必ず火災保険に加入させられます。一人暮らしでもそうです。

 

なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。密集住宅が多い日本ですから、火事が起こると次々に燃え広がる場合も。

 

もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。必ず行ってくださいね。

 

マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、新しくしたほうがいいです。。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

トップページ > エレクトーンの宅配料金を簡単に格安にする方法